『プランク/腹部を固め腹筋・腹横筋を鍛える』体幹トレーニングTVでは、体幹を鍛えるトレーニングの方法を動画で配信しています。効果や目的などの理論も。
ホーム > プランク/腹部を固め腹筋・腹横筋を鍛える

プランク/腹部を固め腹筋・腹横筋を鍛える

スポンサーリンク

プランクは、腹部をアイソメトリックの要領で固める(筋肉の緊張を保つ)ことで腹直筋・腹横筋を鍛えることができる体幹トレーニングです。
このプランクでは肘を伸縮させることで体を下します。それにより微細な振動がより筋肉に緊張を与え、より腹部への刺激をためることにつながります。

【やり方】
(1)四つんばいの姿勢から肘とつま先で体を支える。体が一直線になるように姿勢を取る。(お尻が上がりすぎたり、落ちすぎたりしないように注意)
(2)肩甲骨を寄せるように肘を曲げながら体を下す。
(3)体を下し切ったら、ゆっくり肘を伸ばして、元の姿勢に戻る。
これを繰り返します。

【回数と頻度】
回数・・・10回×3セット
頻度・・・1日おき、または毎日

スポンサーリンク
■関連動画