『4種目の体幹トレーニングで腹筋・背筋を引き締める』体幹トレーニングTVでは、体幹を鍛えるトレーニングの方法を動画で配信しています。効果や目的などの理論も。
ホーム > 4種目の体幹トレーニングで腹筋・背筋を引き締める

4種目の体幹トレーニングで腹筋・背筋を引き締める

スポンサーリンク

腹筋・背筋を引き締める体幹トレーニング実践講座。トレーニングは4種目。
腹部、背部をバランスよく鍛え、ウエスト周りの引き締めに効果的。美しい体幹を目指します。

頻度は、慣れないうちは1日置きに行い、慣れてきて疲れが残っていなければ、毎日を目標に実践してみよう。

【やり方】

1種目め・・・ブリッジ
うつ伏せになり、膝を曲げる(90度程度)。手はお尻の横に。
この姿勢から、お尻を持ち上げる。お尻を下げ、元の姿勢に戻り、繰り返す。
腹筋に力を込め、お尻を締めながら上げるようにしてみよう。
これを1セット10~15回繰り返し、2セット行う。
<回数>10~15回×2セット/セット間休憩1分

↓3分休憩

2種目め・・・バックエクステンション
仰向けになり、手を胸の横に。胸を床から上げる。
この姿勢から、胸を床から離していき、背中を反る。元の姿勢に戻り、繰り返す。
これを1セット15回繰り返し、2セット行う。
<回数>15回×2セット/セット間休憩1分

↓3分休憩

3種目め・・・フロントプランク ウィズ ウォークアウト
腕立て伏せの姿勢を取ったら、手を伸ばしていく。
体が落ちないところまで伸ばしたら、元の姿勢に戻り、これを5回繰り返す。
最後の5回目は、腕を伸ばしたところで20秒間静止する。
この動作を2セット行う。
<回数>5回(※)+20秒間静止×2セット/セット間休憩1分
(※)前進し、元の姿勢に戻って1回とする

↓3分休憩

4種目め・・・チェアポーズ
立った状態で手を伸ばし、前傾し、お尻を突き出す。
背中は反った状態を保つようにし、そのまま30秒間静止する。
これを2セット行う。
<回数>30秒間静止×2セット/セット間休憩1分


終了

スポンサーリンク
■関連動画